洋上風力巡る市長発言の真意は?考える会が質問状、由利本荘

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
茂木部長に公開質問状を提出する佐々木代表(左から2人目)ら
茂木部長に公開質問状を提出する佐々木代表(左から2人目)ら

 秋田県由利本荘市沖で計画される洋上風力発電事業に反対する「由利本荘・にかほ市の風力発電を考える会」の佐々木憲雄代表ら4人が23日、由利本荘市役所を訪れ、長谷部誠市長に公開質問状を提出した。市長が20日の定例会見で事業について、「環境が整えば推進すべきだ」と述べたことを批判。発言の真意などについて30日まで文書で回答するよう求めた。

 市側は、茂木鉄也市民生活部長ら3人が対応。同会は「(7月に市長が参加した)洋上風力の先進地調査の内容について、市広報への掲載や市民報告会を開く前に推進に言及したことに驚き、憤りを覚える」と糾弾した。

(全文 532 文字 / 残り 265 文字)