古民家が“サーファーの拠点”に 由利本荘の男性が民泊事業

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 施設ではサーフショップも営業している。右は桧山さん
施設ではサーフショップも営業している。右は桧山さん

 秋田県由利本荘市岩城二古(ふたご)のスポーツインストラクター桧山英宏(えいこう)さん(45)が今月、築125年の古民家を改装して民泊事業を始めた。由利本荘地域では初めて。サーフショップを併設しており、裏手に広がる海ではサーフィンなどを楽しめる。桧山さんは「時間を気にせず、一日中、海に親しんでほしい」と話している。

 桧山さんは秋田市出身。19歳のころ、当時住んでいた神奈川県でサーフィンを始めた。サーファーとしてコンテストに出場するため国内外を回る中で、古民家を改装したサーフショップや、サーフィンやボードの上に乗ってパドルをこぐウオータースポーツを体験できるスクールが各地にあることを知った。

 「ショップとスクールの機能を持った民泊を始めるのが夢だった」と桧山さん。20年以上前からサーフィンをするため岩城周辺の海を訪れていたところ、空き家の古民家があることに気付いた。

 今年6月、千葉県在住の所有者の男性が岩城に戻ってきた際、桧山さんが民泊の構想について話すと、古民家を貸すことに快く応じてくれた。その後、サーファー仲間と1カ月以上かけて、照明の設置や畳の張り替えなどを行った。

(全文 909 文字 / 残り 417 文字)