マイタケ偽装問題・秋田市の会社、社員を書類送検 中央署

お気に入りに登録

 秋田市新屋鳥木町の秋田十條化成が県外産マイタケを自社産と偽って転売した問題で、秋田中央署は23日までに、不正競争防止法違反(誤認惹起(じゃっき))の疑いで、同社と40代の男性社員を書類送検した。20日付。

 送検容疑は、男性は2015年ごろから18年ごろにかけて、県外産マイタケを「秋田産」と表示し販売した疑い。同社の送検は、従業員の行為に対し法人としての責任も問う両罰規定に基づく。

(全文 363 文字 / 残り 171 文字)