さきがけ政経懇話会:プロ野球、ジャッジの舞台裏

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
山崎夏生さん
山崎夏生さん

 秋田さきがけ政経懇話会の8月例会が23日、秋田市の秋田キャッスルホテルで開かれた。元日本野球機構審判技術指導員の山崎夏生さん(64)=千葉県=が「プロ野球 ジャッジの舞台裏」と題して講演。プロ野球の1軍公式戦1451試合を裁いた経験を振り返り「厳しい世界だったが、『好きな野球のために』という情熱を忘れず、努力し続けた」と語った。22日は大仙市のグランドパレス川端で開かれた秋田さきがけ県南政経懇話会で講演した。

 山崎さんは北大卒業後、日刊スポーツ新聞社に入社。在職中の1981年、日本シリーズをテレビ観戦した際、試合を裁く審判団の姿に引かれ、「好きな野球で食べていく」という学生時代の夢が再燃。パ・リーグ会長に審判になりたいと直談判した。

(全文 1055 文字 / 残り 734 文字)