「あなただけの秋田犬」とお泊り 仙北・リノベ古民家で民泊

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
民泊「縁 Enishi」をオープンした吉見さんと愛犬のすーちゃんとふじこ
民泊「縁 Enishi」をオープンした吉見さんと愛犬のすーちゃんとふじこ

 秋田県仙北市角館町に今月、秋田犬と過ごすことができる民泊「縁 Enishi」がオープンした。クルーズ船など旅行関連のコンサルティングを手掛ける吉見梓さん(43)=同市角館町=が、知人から空き家となっていた古民家を借りてリノベーションした。愛犬の秋田犬2匹と触れ合ったり、散歩したりすることができ、「あなただけのハチ公物語」をコンセプトに掲げている。

 古民家は武家屋敷通りの角館樺(かば)細工伝承館近くにあり、1958年築の木造2階建て(延べ床面積257平方メートル)。1階に共有スペースのリビングダイニングや和室など、2階には和室2室、洋室2室がある。「営業部長」を務める秋田犬の「すーちゃん」(雄、1歳11カ月)と「ふじこ」(雌、9カ月)が出迎えてくれ、室内の至る所に秋田犬の縫いぐるみや写真、関連書籍が置かれている。

 吉見さんは滋賀県高島市出身。10~20代に旅行会社の添乗員として世界中を回ったほか、ホテルの支配人を務めた経験もあり、いつか自分でも宿泊施設を経営したいと考えていた。昨年夏に古民家を所有する知人に誘われて現地を訪れ、角館の町や武家屋敷通りの雰囲気を含めて一目ぼれ。すぐに古民家を借りて民泊を始めることを決めた。

 古民家の趣を生かした建物にしようと、今春から改装に着手。今年6月には仙台市から仙北市に移住し、今月18日のオープンにこぎ着けた。インスタグラムやツイッターなどでPRしており、既に欧米や東南アジア、国内から約50件の予約が入っているという。

(全文 944 文字 / 残り 307 文字)