海面と夜空に大輪輝く にかほ市花火大会、来場者を魅了

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大勢の観客を魅了したにかほ市花火大会
大勢の観客を魅了したにかほ市花火大会

 にかほ市花火大会が24日夜、同市象潟町の象潟海水浴場で開かれた。これまで各地の夏祭りが集中するお盆の時期に行ってきたが、今年は市外からの集客を図ろうと時期をずらして開催した。市観光協会(辻正美会長)の主催。

 同協会の速報値では、昨年より約2万人多い、約5万人が来場した。この日は強風の影響で洋上からの打ち上げは中止となり、砂浜と港の2カ所から打ち上げた。

 今年は演出を大幅に刷新し、提供の読み上げを挟まず音楽に合わせて立て続けに花火を打ち上げた。観客席の近くで開く花火もあり、「びっくりした」「すごい迫力だ」などの声が上がった。

(全文 472 文字 / 残り 207 文字)