時代を語る・舘岡誠二(3)げたに俳句書いた?

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
6歳の頃、兄(左)と=昭和20年
6歳の頃、兄(左)と=昭和20年

 終戦翌年の昭和21(1946)年、大川村(現五城目町)の大川小学校に入学しました。残念ながら今から4年前、五城目小との統合で閉校した小学校です。閉校記念誌の思い出話にも書いたんですが、自分は先頭にならず、人の後ろを付いていくばかりの子でした。「なしてこんたに元気ねんだ」と父親に諭された記憶もあります。

 家から小学校まで20分では着かなかったべなあ。曲がりくねった小道を歩きました。帰りに道草して、フナを取ったり、線路に耳を当てて汽車の来る音を聞いたりね。今だったら当然怒られるでしょうけれど。

(全文 779 文字 / 残り 531 文字)

この連載企画の記事一覧