稲穂ほんのり黄色に 県内暑さ和らぐ【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
稲穂が色づき始めた田んぼで行われた農薬散布作業=秋田市豊岩
稲穂が色づき始めた田んぼで行われた農薬散布作業=秋田市豊岩

 25日の秋田県内は、低気圧や上空に入り込んだ寒気の影響で暑さが和らぎ、ほとんどの地点で9月上旬から中旬並みの気温となった。

 最高気温が26・4度だった秋田市の田んぼでは、こうべを垂れた稲穂の穂先がほんのりと黄色に色づき始めた。同市豊岩では、農家が稲穂の葉にカメムシ防除の農薬を散布していた。

(全文 222 文字 / 残り 76 文字)