大館、パラ競技の魅力実感 PRイベント盛況【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
参加者はアイマスクを着用しハピネッツ選手とゴールボールを体験した
参加者はアイマスクを着用しハピネッツ選手とゴールボールを体験した

 2020年東京パラリンピック開幕まで1年となった25日、タイのボッチャ、陸上両競技の事前キャンプ地となっている大館市のタクミアリーナで、パラリンピックのPRイベント「ロード・トゥ・ゴールド!」が開かれた。市民ら200人が障害者スポーツを体験し、競技の魅力の一端に触れた。県と市の主催。

 会場にはゴールボール、ボッチャ、ブラインドサッカーの体験コーナーが設けられた。このうちゴールボールは、アイマスクを着けた視覚障害の選手が3人一組で対戦し、鈴の入った球を相手ゴールに投げて得点を競う。音を頼りにプレーする。

(全文 662 文字 / 残り 408 文字)