東京・多摩動物園で男性職員死亡 サイに襲われたか

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多摩動物公園が飼育するインドサイの雄(同園提供)
多摩動物公園が飼育するインドサイの雄(同園提供)

 25日午前10時50分ごろ、多摩動物公園(東京都日野市)のインドサイを飼育する施設内で、職員の男性が倒れているのを上司が見つけ、119番した。警視庁日野署によると、男性は浅見準一さん(54)=同市=で、左脇腹や背中などにけががあり、搬送先の病院で死亡が確認された。同署はサイに襲われた可能性もあるとみて詳しい状況を調べている。

 園や署によると、浅見さんが担当する他の動物が開園時間を過ぎても、展示スペースに出てこないため上司が確認しに行くと、サイの施設内にある、おりの外側であおむけに倒れていた。近くにはサイ用の塗り薬が落ちていた。