香港デモで衝突、警官が発砲 空に向け1発、一部は行動過激化

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「逃亡犯条例」改正案の撤回などを求めるデモ隊に向け、拳銃を構える警察官=25日、香港(ロイター=共同)
「逃亡犯条例」改正案の撤回などを求めるデモ隊に向け、拳銃を構える警察官=25日、香港(ロイター=共同)

 【香港共同】香港・新界地区で25日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回や警察のデモ隊への「暴力」停止を求めるデモが行われ、警官隊とデモ隊が衝突した。香港メディアは警察筋の話として、警官数人が拳銃を抜き、うち1人が空に向け1発発砲したと伝えた。発砲で負傷者が出たとの情報はない。デモ隊の一部は行動を過激化させた。

 警察当局者は「初期調査の結果、警官が(衝突で)生命の危険を感じ、発砲したとみられる」と明らかにした。6月に本格化した一連のデモで発砲は初めてとみられる。

 デモ隊の一部は店舗や海底トンネルの料金所などを襲い破壊した。