男鹿の西海岸クルーズはいかが? 9月にモニターツアー

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
船川港を起点に就航する観光遊覧船「シーバード」
船川港を起点に就航する観光遊覧船「シーバード」

 男鹿市観光協会DMO推進室は9月22日と29日、男鹿半島西海岸沿いを周遊する観光遊覧船「シーバード」の乗船を体験するモニターツアーを実施する。参加者を募集している。

 シーバードは6月に就航した。週末を中心に運航しており、船川港と門前漁港、男鹿水族館GAOを結ぶ。男鹿遊覧透視船株式会社(秋田県男鹿市)が運航主体となり、市と市観光協会、JR秋田支社が協力している。ツアーは、市内観光資源と遊覧船運航とを組み合わせ、ニーズや課題などを探る狙い。

 当日午前9時に市複合観光施設「オガーレ」(道の駅おが)近くのシーバード乗り場に集合。船川港を出発し、海からの眺めを楽しみながらGAOまで移動する。GAOでは昼食を取りバックヤードを見学する。復路はバスで、午後2時40分にJR男鹿駅で解散予定。

(全文 501 文字 / 残り 158 文字)