能代火災、28日に報告書公表 消防本部設置の調査委員会

お気に入りに登録

 今年1月に秋田県能代市富町で能代消防署員2人が殉職した火災で、能代山本広域消防本部は28日、原因究明と検証のため設置した調査委員会の報告書を公表する。消火活動時の2人の行動や、現場本部の指揮命令といった当時の状況がどの程度明らかになるかが焦点となる。

 火災は1月22日午前7時ごろ発生。店舗兼住宅など3棟の消火活動中、消防司令の藤田大志さん=当時(32)=と消防司令補の佐藤翔さん=同(26)=が巻き込まれて亡くなった。

 火災後に設置された調査委では、客観性を確保するため、県消防学校、秋田市消防本部、大曲仙北広域消防本部の協力を得たほか、火災分析の専門機関である総務省消防庁の消防研究センター(東京)が調査に入った。3月末をめどとしていた公表時期がずれ込んだことについて、能代山本広域消防本部は「火災現場の科学的な分析と署員への聞き取りなどを慎重に照らし合わせた」としている。

(全文 546 文字 / 残り 156 文字)