急激な煙と炎で退避困難か 2署員殉職で消防本部が報告書

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
報告書について報道陣の質問に答える能代山本広域消防本部の伊藤消防長(左)
報告書について報道陣の質問に答える能代山本広域消防本部の伊藤消防長(左)

 今年1月に秋田県能代市富町で能代消防署員2人が殉職した火災で、能代山本広域消防本部は28日、原因究明や検証のため設置した調査委員会の報告書を公表した。消火活動中の2人が巻き込まれた原因を「急激な濃煙に囲まれ、退避できない状況で炎にさらされたか、煙と同時に流れ込んだ炎にさらされた」と推定。出火原因については、総務省消防庁消防研究センターの分析が続いているため、「調査中」とした。

 火災は1月22日午前7時ごろ発生した。店舗兼住宅など約782平方メートルを全焼し、隣接する住宅と木工所など4棟に延焼。消火活動中、消防司令の藤田大志(だいし)さん=当時(32)=と消防司令補の佐藤翔さん=同(26)=が亡くなった。

(全文 603 文字 / 残り 297 文字)