土崎空襲惨劇、感情込め朗読 浅利香津代さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
朗読の前に平和の意味を問い掛ける浅利さん
朗読の前に平和の意味を問い掛ける浅利さん

 子どもたちに戦争の悲惨さを伝える朗読会と、戦没者を追悼する行事が29日、それぞれ秋田市で行われた。朗読会に参加した児童や追悼行事の参列者が不戦への誓いを新たにした。

 戦争の悲惨さや平和の尊さを学ぶ「平和の朗読会」が29日、秋田市の保戸野小学校(伊藤一校長)で開かれた。同市出身の女優浅利香津代さん(75)が土崎空襲を題材にした絵本「はまなすはみた」を朗読し、6年生43人は真剣な表情で聞き入った。

(全文 545 文字 / 残り 346 文字)