あの店・この逸品[池内食堂]酸辣湯麺 酸味控えめ、こく深く

お気に入りに登録
こくのあるスープが特徴の酸辣湯麺
こくのあるスープが特徴の酸辣湯麺

 大館市中心部と比内地区を結ぶ市道沿いにある「池内(いけない)食堂」は、昼時になるとサラリーマンや家族連れでにぎわいを見せる。定食や麺類など約30種類のメニューの中で、「酸辣湯麺(サンラータンメン)」(800円)はリピーターが多い一品。酸味を控えめにしたこくのあるスープが特徴だ。

 スープは、ブレンドした唐辛子や手作りの鶏油(チーユ)、ネギ油を加えたたれに、鶏ガラスープを合わせ、さらに米酢や紹興酒を加えてこくを引き出している。うま味が麺によく絡むよう、冷やし中華にも合う縮れ卵麺を使用。煮込んだ野菜や豚肉、豆腐、卵など、さまざまな具材も楽しめる。

(全文 714 文字 / 残り 440 文字)

お店の情報

大館市池内字大出385
TEL0186・59・6757
営業時間は午前11時~午後3時、5~8時(日曜と12月中旬~3月末は3時閉店)
不定休

この連載企画の記事一覧