遠い風近い風[井川直子]一生ついて行く

お気に入りに登録

 久しぶりの友人と会った時、お互いの出張やら移動の話になって、彼女の夜行バス旅の顛末(てんまつ)を聞いた。大人になっての11時間は体に堪(こた)えそうだし、と心配しつつも、時間の都合を考えれば唯一の手段。朝着けばすぐ動ける。そう意気投合した女二人旅だ。

 自宅から新宿のバスターミナルまでは程近い。との油断がたたったのか、出発前の自宅待機中、ついうとうとしてしまったらしい。すわ遅刻! 走るタクシーから、バスの中で待つ相棒に実況中継しつつ、1分遅れで到着というところまで追い上げた。相棒は「あと1分で着くので待っていただけませんか」と運転手に懇願。だが、バスはきっちり定刻に出発した……。

(全文 1245 文字 / 残り 952 文字)

この連載企画の記事一覧