アキタミュージックフェス開幕、軽やかな音色響く【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
計61人が演奏した飯島中と秋田西高の合同編成
計61人が演奏した飯島中と秋田西高の合同編成

 音楽で秋田市中心市街地のにぎわい創出を図る「アキタミュージックフェスティバル」が31日、同市中通のエリアなかいちにぎわい広場で始まった。市内の中学校と高校の吹奏楽部や市民楽団などが軽やかな音色を奏でた。市内の音楽愛好家でつくる実行委員会(太田徹会長)の主催で9回目。1日まで。

 初日は計16団体が出演。このうち飯島中と秋田西高は合同編成で登場。両校の計61人が「アフリカン・シンフォニー」や「宝島」など4曲を演奏した。演奏が終わると、来場者から大きな拍手が送られた。

(全文 500 文字 / 残り 266 文字)