佐高信さん、地上イージス巡り批判 「むのたけじ賞」記念講演

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
講演する佐高さん
講演する佐高さん

 第2回「むのたけじ地域・民衆ジャーナリズム賞」の記念講演が31日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで開かれた。評論家の佐高信さん(74)が講演し、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の同市の陸上自衛隊新屋演習場への配備計画を進める安倍政権に対し、「戦時中に国家予算の大半を軍事費に費やし、国民を疲弊させた過去を反省するべきだ」と批判した。

 同賞は、横手市で週刊新聞を発行して反戦を訴えたジャーナリストの故むのたけじさん(美郷町出身)の精神を受け継ごうと、地域に根差して住民の生活向上のために情報発信している個人や団体を顕彰する。第2回の募集期間は10月15日まで。

 講演は同賞実行委員会とむのたけじ秋田の会の共催。約150人が聴講した。

(全文 417 文字 / 残り 93 文字)