北斗星(9月2日付)

お気に入りに登録

 英語でウインドと言えば普通は「風」のことだが、人が呼吸する「息」の意味もある。息を吹き込んで演奏する管楽器のこともウインドと呼ぶ

▼「だから、たまには風の中で演奏するのもいいのではないかと思った」と、「アキタミュージックフェスティバル」の太田徹実行委員会会長は語る。2011年、東日本大震災後の停滞ムードの中、秋田市の中心市街地の活性化を図ろうと、屋外で吹奏楽の演奏会を開くことを企画した

▼市内の中学、高校の吹奏楽部に協力を要請したところ、快諾してくれる学校が多かった。フェスは吹奏楽部門の「秋田ブラスフェスタ」と、多様なジャンルの音楽の愛好者が出演し、11年以前から開催されていた「ザ・パワーオブミュージックフロムアキタ」の合同開催の形を取っている

▼今年のフェスは31、1の両日に開催。吹奏楽団は同市中通のエリアなかいちに特設されたステージに、社会人も含め20団体が出演した。初日は雨で一時中断したが、おおむね好天に恵まれ、躍動感ある演奏に大きな拍手が送られた

▼「リラックスした雰囲気の中での演奏は生徒のいい思い出になるようだ」と太田会長。吹奏楽以外の会場は7カ所に分散し、和やかにライブ演奏や飲食を楽しむ観客が多かった

▼会場を幾つか回り、爽やかな風に秋を実感した。中心市街地は10月末まで毎週末、イベントが続く。飲食関連やハロウィンなど、内容は多彩だ。ゆったり街を歩きながら秋を満喫するのもいい。