時代を語る・舘岡誠二(11)金子先生に面会依頼

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
西東三鬼が主宰した俳誌「断崖」
西東三鬼が主宰した俳誌「断崖」

 昭和35(1960)年、私が21歳の時に入会した中央の俳誌「断崖」の主宰者、西東三鬼が37年4月に亡くなりました。三鬼先生は新興俳句運動の中心人物として活躍した俳人です。

 〈新興俳句運動は高浜虚子流の花鳥諷詠(ふうえい)・客観写生から抜け出し、人間そのものを表現しようと水原秋桜子らが主導して昭和初期に始まった運動〉

(全文 776 文字 / 残り 617 文字)

この連載企画の記事一覧