秋田杉の海づくり大会式典司会者台、県に贈る 県森連など

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
寄贈された司会者台
寄贈された司会者台

 秋田県森林組合連合会と秋田県漁業協同組合、農林中央金庫秋田支店は2日、秋田市の県立武道館で8日に行われる「第39回全国豊かな海づくり大会・あきた大会」式典行事に向け、秋田杉で作った司会者台を県に寄贈した。

 司会者台は高さ1メートル、幅1・34メートル、奥行き57センチ。3団体から依頼を受けた本荘由利森林組合(由利本荘市)が製作。秋田杉の美しい正目を生かしており、前面には取り外し可能な大会ロゴマークを取り付けた。

 県庁で行われた贈呈式で、3団体の代表者らが佐竹敬久知事に目録を手渡した。県森連の佐藤重芳会長は「海と森の連携を深めていきたい」、県漁協の工藤裕紀専務理事は「海の資源を豊かにし、新鮮でおいしい魚を提供することに努めたい」、農林中金の岩曽聡常務執行役員は「多くの人に秋田県の魅力を感じ取ってもらえる大会になることを期待している」とそれぞれ話した。

(全文 494 文字 / 残り 114 文字)