文豪の直筆原稿一堂に 仙北市角館、新潮社元会長の資料展示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
著名な作家たちの自筆資料が並んだ「矢来町のたからもの」
著名な作家たちの自筆資料が並んだ「矢来町のたからもの」

 太宰治の小説「斜陽」や夏目漱石の小説「倫敦消息」の生原稿をはじめ、新潮社の佐藤俊夫元会長の遺品にあった貴重な資料を集めた企画展「矢来町のたからもの 佐藤俊夫新潮社元会長旧蔵資料の輝き」が2日、秋田県仙北市角館町の新潮社記念文学館で始まった。近代文学を彩った作家の創作過程や横顔がうかがえる草稿や書簡など計62点が展示されている。10月20日まで。

 佐藤元会長は、新潮社創業者の佐藤義亮(仙北市角館町出身)の次男で、1990年に死去した。新宿区矢来町の自宅に残った遺品に「斜陽」の生原稿などがあることが2年前に分かった。今回の企画展は、発見された多くの資料を寄贈された日本近代文学館(東京・駒場)が昨年10~12月に開いた受贈記念展の初の巡回展となる。

 会場には同社の文芸誌「新潮」の1947年7月号~10月号に計4回掲載された「斜陽」の第3回と最終回の生原稿を冒頭2枚ずつ展示。ほかに谷崎潤一郎が筆で書いた「続蘿洞(らどう)先生」の生原稿、島崎藤村の「ある女の生涯」の完全原稿100枚、26歳で亡くなった石川啄木の書簡も並んだ。漱石が自画像などを描いた絵はがき6通や編集者宛てのアンケートはがきなど珍しい資料も見ることができる。

(全文 820 文字 / 残り 305 文字)