地方点描:方言を知る[大曲支局美郷町駐在]

お気に入りに登録

 取材予定の相手から日時変更の連絡があった際、「『もったりまげだり』ですみません」と言われ、意味が分からないまま了承した。懇親会の席では「(酒を)『おが』飲むな」と笑われ、意味を聞き返した。

 もったりまげだりは「話を何度もひっくり返す」、おがは「随分と」。多くの県民が知り、使いこなす秋田弁だろう。県北生まれの当方は、美郷町に来て初めて耳にしたが、そう町内の知り合いに話すと驚かれた。自分が秋田弁をほとんど知らないのだということを痛感し、恥ずかしくなった。

(全文 630 文字 / 残り 402 文字)