秋田市で県産ナシの試食宣伝会 ミス・フレッシュ秋田らPR

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ミス・フレッシュに試食を勧められる市場関係者
ミス・フレッシュに試食を勧められる市場関係者

 JA全農あきたは3日、秋田市外旭川の市公設地方卸売市場で、旬を迎えた県産ナシの試食宣伝会を開いた。生産者や県産青果物キャンペーンガール「ミス・フレッシュ秋田」らが、市場関係者においしさをPRした。

 振る舞ったのは男鹿、潟上、秋田、大館各市で生産された主力品種「幸水」。糖度が高く、果肉がしっかりとして歯触りが良いのが特徴だ。

 この日はミス・フレッシュの浅野有美さん(22)が場内を回り、試食を呼び掛けた。青果仲卸業・大丸青果の藤田富男野菜部部長(64)は「例年通り甘く、シャリシャリとしていておいしい」と話した。

(全文 440 文字 / 残り 183 文字)