にかほ市のレトロな洋館、カフェに 潟上市出身の鎌田さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
旧松野医院の前に立つ鎌田さん
旧松野医院の前に立つ鎌田さん

 秋田県にかほ市平沢で、100年近く前に建てられた旧病院の建物を利用してカフェを開業しようと、潟上市出身の鎌田麻衣さん(31)が準備を進めている。建物はレトロな雰囲気の洋風建築で、病院が廃業した2011年以降、ほとんど手入れされていなかった。修繕を重ね今月下旬のオープンを目指している。

 建物は旧「松野医院」で、JR仁賀保駅の北西約150メートルにある。1920年完成の2階建てで、旧平沢村の故松野盛吉医師が建てた。息子の故松野英之(ふさゆき)医師が跡を継ぎ、56年ごろに増改築、96年には道路拡張に伴うリフォームもした。周囲は民家や商店が並び、洋風建築の建物は、病院廃業後も人の目を引いていた。

 英之医師は2014年に亡くなり、千葉県に住む弟の和之さん(77)が建物を継いだが、遠方で管理が難しかったため今年4月、由利本荘市の男性に売却した。男性がウェブサイトで借り手を募ったところ、鎌田さんが見つけカフェの経営を企画した。

(全文 775 文字 / 残り 362 文字)