中央地区は秋田工など4強入り 秋季高校野球地区大会

お気に入りに登録

 2019年度秋季高校野球地区大会は5日、中央地区で準々決勝を行い、秋田工、秋田、由利、明桜が準決勝進出を決め、県大会(14~17日、21、22日・秋田市)への出場権を獲得した。県北は敗者復活の代表決定トーナメント2回戦が行われ、能代松陽、能代工が勝ち上がった。

 6日は県北で能代―大館鳳鳴、花輪―秋田北鷹の準決勝を実施。中央で代表決定トーナメント1回戦5試合、県南で同1回戦4試合を行う。

(全文 339 文字 / 残り 144 文字)