カワハギ、フグ、ギバサ… 海づくり大会で県産加工品販売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
かわはぎの旨みしょっつる漬
かわはぎの旨みしょっつる漬

 カワハギのみそ漬け、ハタハタの炊き込みご飯―。秋田市で7日開幕する「第39回全国豊かな海づくり大会」に合わせ、県産魚介類を使った加工商品が関連イベント会場で販売される。大会を機に多くの人においしさを知ってもらおうと、県や水産加工団体、県漁業協同組合などでつくる「秋田の地魚消費拡大協議会」が企画した。

 関連イベントは「豊かな海づくりフェスタinあきた」で7、8の両日午前10時~午後4時、道の駅あきた港で開催される。販売されるのは、協議会員4団体の加盟企業などが県総合食品研究センターの協力の下に商品化した17品。

 このうち、県漁協(秋田市)は「かわはぎの秋田味噌(みそ)漬け」と「かわはぎの旨(うま)みしょっつる漬け」(各2匹入り、300円)を販売する。小西貴史業務課係長(39)は「みそ漬けは豊かなコク、しょっつる漬けは魚のうま味を楽しめる。淡泊なカワハギを秋田の調味料で味わい深く仕上げた」と話す。

(全文 939 文字 / 残り 536 文字)