金農生が丹精込めナシ収穫 JR秋田駅前で7日販売【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
和ナシ「豊水」を収穫する金足農高の生徒たち
和ナシ「豊水」を収穫する金足農高の生徒たち

 秋田市金足の金足農業高校(渡辺勉校長、516人)の実習用果樹園で、和ナシが収穫期を迎えている。

 同校では、和ナシ7種と洋ナシ2種合わせて約40本を栽培しており、先月下旬から収穫が行われている。同校で収穫したナシは7日、同市のJR秋田駅前アゴラ広場で行われる「軽トラガーデン・コンテスト」で販売するほか、校舎前の「あぐり交流館」で今月の24日まで毎週火、金曜日販売している。

(全文 308 文字 / 残り 121 文字)