佐々木朗希はまめの影響で降板 

お気に入りに登録

 【釜山共同】野球のU18ワールドカップ(W杯)の韓国戦に先発した高校日本代表の佐々木朗希投手(岩手・大船渡)が1回で降板した理由について、日本高野連の竹中雅彦事務局長は、右手中指のまめの影響だったと説明した。