毒キノコではありません 由利本荘市東由利、タマゴタケ展示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
展示されているタマゴタケ(ぷれっそ提供)
展示されているタマゴタケ(ぷれっそ提供)

 秋田県由利本荘市の道の駅東由利内のショッピングモール「ふれあいプラザぷれっそ」で、珍しい真っ赤な食用のキノコ「タマゴタケ」が展示されている。近所の男性が付近の山林から採ってきたもの。

 秋田きのこの会の菅原冬樹会長(57)によると、タマゴタケは夏の終わりから秋にかけて生え、卵形のかさと鮮やかな赤色が特徴。形が似ていて斑点のある毒キノコと間違いやすいため、注意が必要だという。

(全文 291 文字 / 残り 103 文字)