時代を語る・舘岡誠二(16)大きな節目の1年に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昭和40年の新人賞を発表した俳誌「海程」23号
昭和40年の新人賞を発表した俳誌「海程」23号

 昭和40(1965)年は大きな節目の年となりました。結婚に加え、金子兜太先生が創刊した俳誌「海程(かいてい)」の新人賞も受賞したのです。

 11月に湖畔時報社主・舘岡栗山(りつざん)の長女暁子と結婚式を挙げました。暁子は湖畔時報の広告料を集金するため、私の勤務先の菊地酒造店に月1回来ていましてね。暁子は短歌を趣味としており、俳句をやっている私を、共に文芸を愛する者として受け入れてくれたようです。

(全文 809 文字 / 残り 610 文字)

この連載企画の記事一覧