わたしの結婚:つらさ8割、幸せ2割 でも、一緒が心地いい

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
タケルさん夫婦の結婚指輪。「傷まないように」とお互いしまったままなので、25年たってもピカピカだ
タケルさん夫婦の結婚指輪。「傷まないように」とお互いしまったままなので、25年たってもピカピカだ

 二つ年下の妻と結婚して大きく変わったこと。それは、「自由の度合い」かもしれない。食品製造の仕事をしているタケルさん(50)=県央部、仮名=の実感だ。

 独身の時は、時間もお金も自分の自由にできた。だが結婚後は、家族に時間を合わせなければならなくなった。稼ぎは全て妻に渡し、そこから小遣いをもらう。「結婚すると、こんなに自由がなくなるのか」と感じた。

 タケルさんは何度か転職した。今はパートで、妻も働いている。子どもは2人。家計は決して楽ではない。

 結婚当初、タケルさんの小遣いは月3万円だった。1人目の子どもが生まれると2万円に減り、2人目が生まれて1万円になった。そして今は、週千円。タケルさんはお酒が好きだが、今は飲みに行くのを控えている。「俺の稼ぎが少ないから、仕方ないね」

(全文 1563 文字 / 残り 1223 文字)

この連載企画の記事一覧