軽トラの荷台が庭になった 職人技きらり、9作品並ぶ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
軽トラの荷台に造った作品が並ぶ「軽トラガーデン・コンテスト」
軽トラの荷台に造った作品が並ぶ「軽トラガーデン・コンテスト」

 軽トラックの荷台に庭を造る「軽トラガーデン・コンテスト」が7日、秋田市のJR秋田駅前アゴラ広場で始まった。職人の技術やアイデアが発揮された9作品が並ぶ。きょう8日まで。

 広い庭のある家が少なくなっている中、限られたスペースでも庭が造れることをPRしようと、県造園協会(加藤薫会長)が開催。3回目となる今年は県内の造園業者9社が参加し、縦約2メートル、横約1・4メートルの荷台に造った。

 入場無料。午前10時~午後5時。苗木や造園資材の販売コーナーも設けている。

(全文 435 文字 / 残り 204 文字)