由利本荘市の高橋さん優勝 大仙でおはら節全国大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
優勝旗を手に歌う高橋さん
優勝旗を手に歌う高橋さん

 第24回秋田おはら節全国大会が7日、秋田県大仙市の太田文化プラザで開かれ、大賞の部(高校生以上)で高橋惇さん(29)=由利本荘市=が優勝を飾った。大仙市と実行委員会の主催。

 秋田おはら節は「鹿さん鹿さん なぜ泣くの」の歌詞で知られ、哀調を帯びた節回しで家族を思う心情が歌われている。今回は大賞の部に19人、熟年の部(70歳以上)に25人、少年少女の部(中学生以下)には4人が出場し、歌声を競った。

 高橋さんは、先月17日に由利本荘市で行われた第36回本荘追分全国大会の大賞の部でも優勝。好成績が続いたことについて「日頃指導してくれる師匠や周囲の支えのおかげ」と感謝を口にする。

(全文 645 文字 / 残り 356 文字)