守備から流れ、ハピネッツが仙台に快勝 プレシーズンゲーム

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―仙台】第1クオーター、秋田のコールビーがシュートを決める
【秋田―仙台】第1クオーター、秋田のコールビーがシュートを決める

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツは8日、秋田市の県立体育館でB2東地区の仙台とプレシーズンゲームを行い、守備から流れをつくって得点を重ね88―67で快勝した。次のプレシーズンゲームは、14日に仙台市で開幕する東北アーリーカップに参戦し、15日午後6時からB2の青森、福島の勝者と戦う。

 秋田は好調なディフェンスに加え、巧みなパスワークで内外から得点を重ねた。

 第1クオーターはインサイドで主導権を握れず互角の展開。第2クオーターに入って激しい守備が機能しだし、ターンオーバーを誘った。攻撃では細谷の3点シュート、カーターのインサイドなどで得点。後半も攻める守備を貫き優位に立った。

(全文 351 文字 / 残り 44 文字)