天皇陛下「がっかりされているでしょう」 県民を気遣う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
見送りする県民に笑顔で手を振られる天皇、皇后両陛下=8日午後、秋田市の秋田空港(代表撮影)
見送りする県民に笑顔で手を振られる天皇、皇后両陛下=8日午後、秋田市の秋田空港(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下は8日、全国豊かな海づくり大会の式典に出席した後、台風15号の影響で予定より約2時間半早く秋田空港から特別機で帰京された。空港で陛下は県関係者に対し、海上歓迎、放流行事での交流を楽しみにしていた人たちのことを気に掛け「とてもがっかりされているでしょうね」と語ったという。

 両陛下を出発ロビーで見送った堀井啓一副知事や佐藤賢一郎県議会副議長によると、堀井副知事が即位後初めて来県した陛下に「本当にありがとうございました」と謝意を伝えたところ、陛下は「県民の皆さんに歓迎していただいて本当にうれしく思っています」と語った。佐藤副議長には放流行事を楽しみにしていた人たちへの思いやりの言葉を掛けたという。

(全文 427 文字 / 残り 119 文字)