小坂七滝ワイナリーへツアー ブドウ摘み取りや食べ合わせ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ブドウの収穫を体験する参加者
ブドウの収穫を体験する参加者

 秋田県小坂町の「小坂七滝ワイナリー」の運営会社・小坂まちづくりは7、8の両日、ワインの原料となるブドウの摘み取りを体験したり、地元食材との食べ合わせを楽しんだりできるツアーを町内で初めて開いた。県内外から15人が参加し、1泊2日のワインずくめの旅を満喫した。

 町は、ワインの産地であることを売りに全国から観光客を呼び込もうと2017年、町特産のヤマブドウ交配種でワインを造る小坂七滝ワイナリーを整備した。観光客らがワインの製造過程を見学できるようにするなど町内滞在型観光を推進している。開会中の町議会9月定例会では今月3日にワインでの乾杯条例を可決するなど、町を挙げて取り組みを強化している。

(全文 725 文字 / 残り 428 文字)