地方点描:歴史を体感[大曲支局]

お気に入りに登録

 「大曲の花火が、今の会場になる前は…」。以前、大仙市内の年配の人同士がこんな話で盛り上がるのを何度か聞き、当時の大曲の街や大会の様子がどうだったのか興味を持っていた。

 今年8月末の大会を前に、現在の雄物川河川敷が整備される1969年以前の様子を取材した。当時は市街地の中心部で丸子川と雄物川が合流し、その西側に打ち上げ会場があった。川向こうに見物客がめいめい集まり、花火を楽しんだという。

(全文 619 文字 / 残り 424 文字)