秋田市「研究・開発」で23位 全国主要72市ランキング

お気に入りに登録

 森ビル(東京)のシンクタンク「森記念財団」は10日、経済や生活、交通など6分野の83指標を基に、東京を除く全国主要72市を評価したランキングを発表した。初公表となった昨年に続き2回目。総合1位は観光に強みを持つ京都市、2位は福岡市、3位が大阪市と上位3市は前回と同じで、金沢市が9位、長野県松本市が10位と新たにトップ10に入った。

 秋田市は順位が公表された総合30位内には入らなかったものの、「研究・開発」分野で23位だった。

 取りまとめの責任者を務めた明治大の市川宏雄名誉教授は「都市の魅力や強みといった特性を客観的に評価した。日本全体が活力を維持するため、各自治体に戦略立案の材料として活用してほしい」と話している。

(全文 636 文字 / 残り 324 文字)