秋沢健太朗さん主演映画、撮影開始へ 舞台は横手、来年公開

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市出身の俳優秋沢健太朗さん
秋田市出身の俳優秋沢健太朗さん

 秋田県横手市を舞台にした短編映画「ミスりんご」(仮題)の撮影が21~23日に行われる。主演は秋田市出身の俳優秋沢健太朗さん(30)、監督はNHK大河ドラマ「いだてん」助監督の岡部哲也さん(37)が務める。エキストラの出演シーンもあり、撮影に協力している横手市の「あきた十文字映画祭」実行委員会が20日まで出演希望者を募集している。来年2月の公開予定。

 今年2月に市十文字文化センターで開かれた十文字映画祭では、秋沢さん主演、岡部さんが助監督の映画「君から目が離せない~Eyes On You~」が上映された。その際、来場した同作品プロデューサーと、県内での撮影を支援した映画祭実行委の小川孝行代表(68)=横手市十文字町=との間で、次は短編映画を作ろうと話し合った。

 今回の作品は、秋沢さんの演じる主人公・健二が特殊詐欺グループの一味という設定。横手で身を隠す中、人情に触れながら自分の生き方を見直していく姿をユーモアも交えて描く。ドラマ「相棒」シリーズの刑事役で広く知られる大谷亮介さんも、同市増田町の老人役で出演する。

(全文 886 文字 / 残り 424 文字)