「イージス新屋配備は振り出しに」知事 9月県議会開会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
開会した9月県議会本会議
開会した9月県議会本会議

 秋田県議会の第3回定例会9月議会が11日、開会した。佐竹敬久知事は本会議の知事説明で、天皇、皇后両陛下を迎えて7、8日に秋田市で開催された「第39回全国豊かな海づくり大会」に触れ、「大会を契機に『つくり育てる漁業』をさらに発展させ、本県水産業の振興と地域の活性化につなげていく」と述べた。

 また、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、防衛省が陸上自衛隊新屋演習場を含む秋田、青森、山形3県の国有地20カ所で再調査を予定していることについて「新屋演習場への配備計画は振り出しに戻ったものと認識している。今後の防衛省の対応を、慎重に見極めなければならない」とした。

(全文 347 文字 / 残り 54 文字)