フィジー代表、秋田を旅立つ W杯初戦に向け網走へ出発

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
W杯初戦に向けて秋田空港を出発するフィジーの選手たち
W杯初戦に向けて秋田空港を出発するフィジーの選手たち

 秋田市での事前合宿を終えたラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会のフィジー代表が12日、秋田空港から公認キャンプ地の北海道網走市に向けて出発した。

 そろいの青のシャツを着た代表チームは午前8時半ごろ空港に到着。市や県の職員がフィジー国旗や応援の横断幕を手に、「Vinaka(ありがとう)」とフィジー語で別れを惜しみ、ラグビーボールとユニホームをかたどった手作りのお守りをジョン・マッキーヘッドコーチ(HC)に手渡した。

(全文 457 文字 / 残り 246 文字)