安藤忠雄さん神戸に図書館 阪神大震災の記憶継承

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
子ども向け図書館の構想を発表した安藤忠雄さん=13日午後、神戸市役所
子ども向け図書館の構想を発表した安藤忠雄さん=13日午後、神戸市役所

 世界的建築家の安藤忠雄さんが13日、神戸市役所で記者会見し、子ども向け図書館を建設して市に寄贈する構想を発表した。阪神大震災の犠牲者を追悼する「慰霊と復興のモニュメント」がある市内の公園「東遊園地」に建設予定で、震災の記憶を伝えていくことも目的とする。開館時期は今後協議する。

 安藤さんによると、広く児童書の寄付を募り、館内に設けた縁側や階段などどこでも自由に読書できるようにする。モニュメントの近くに建設することで、来年1月17日に発生から25年となる震災を知らない子どもたちが犠牲者に思いをはせる機会につなげる。震災関連書籍のコーナーも検討する。