クマ、居室の窓ガラス割る 三種の民家、就寝の子ども気付く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
クマに割られた民家の窓=13日午前9時ごろ、三種町志戸橋(県警提供)
クマに割られた民家の窓=13日午前9時ごろ、三種町志戸橋(県警提供)

 13日午前4時ごろ、秋田県三種町志戸橋字大木台の民家で1階居室の窓ガラスがクマに割られたと、住民の40代男性が110番した。けが人はいなかった。

 能代署によると、割られたのは二重サッシの外側の窓1枚で、網戸1枚も壊された。1階の自室で寝ていた中学生の次女がガラスの割れる音に気付き、別室で寝ていた男性を起こして2階から見たところ、次女の部屋の窓ガラス付近に体長約1・5メートルのクマがいるのを発見した。

(全文 376 文字 / 残り 174 文字)