傑出した写実力「若冲と京の美術」開幕 横手市・近代美術館

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
細見美術館収蔵の貴重な美術品が並ぶ「若冲と京の美術」展
細見美術館収蔵の貴重な美術品が並ぶ「若冲と京の美術」展

 細見美術館(京都市)の所蔵品94点を展示する「若冲(じゃくちゅう)と京(みやこ)の美術―京都 細見コレクションの精華―」(秋田魁新報社など主催)が14日、秋田県横手市の県立近代美術館で開幕する。江戸中期の画家伊藤若冲の作品をはじめ、日本美術史を彩る貴重な絵巻や茶道具などが並ぶ。開会式と内覧会が13日開かれ、美術ファンら約120人が鑑賞した。

 今回展示する若冲作品は15点。30代半ばに描いたとされる「雪中雄鶏図(せっちゅうゆうけいず)」には、若冲の傑出した写実力がよく表れている。細見美術館の細見良行館長(65)は「とさかなど細かい部分まで忠実に描写している」と説明した。梅の花やチョウ、カワセミなどの動植物を描いた墨絵のびょうぶも見応えがある。

 展覧会は11月10日まで。一般1200円、高校・大学生800円、中学生以下無料。

(全文 559 文字 / 残り 193 文字)