ハンドル握って運転手気分 秋田市で「バスまつり」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
バスのハンドルを握り、運転手気分を味わう子ども
バスのハンドルを握り、運転手気分を味わう子ども

 「秋田バスまつり」が14日、秋田市のJR秋田駅前アゴラ広場で開かれ、多くの親子連れでにぎわった。バスの運転席に座り、運転手気分を味わえる体験が子どもたちの人気を集めた。

 会場には、県内を走る路線バス3台を展示。子どもたちは運転手の制帽をかぶって運転席に座り、ハンドルを回したり、シフトレバーを触ったりして楽しんでいた。

(全文 377 文字 / 残り 217 文字)