火おこし、勾玉作りに挑戦 「縄文まつり」にぎわう【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
真剣な表情で火おこしに挑戦する子どもたち
真剣な表情で火おこしに挑戦する子どもたち

 秋田県北秋田市脇神の国指定史跡・伊勢堂岱遺跡で14日、「第19回縄文まつり」が開かれた。縄文時代にちなんだ土偶作りや火おこし体験などさまざまなブースが並び、地域住民や大勢の家族連れでにぎわった。

 子どもたちは、木の棒とひもを組み合わせた道具を使い火おこしに挑戦。棒と板を懸命にこすり合わせ、煙が上がると、周囲から「すごい」「やった」と歓声が上がっていた。

(全文 468 文字 / 残り 290 文字)