「千秋花火」市街地照らす ディズニーパレードも【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
多くの観客が詰め掛けた広小路をパレードしたディズニーの人気キャラクター
多くの観客が詰め掛けた広小路をパレードしたディズニーの人気キャラクター

 秋田市中心部の夜空を彩る「千秋花火」をメインイベントとする「あきた元気祭り」が14日、同市中通の広小路周辺で開かれた。5回目の今年は、東京ディズニーリゾートのキャラクターによるパレードも実施。約5万6千人(主催者発表)の観客を楽しませた。

 午後4時に始まったパレードでは、ミッキーマウスやミニーマウス、ドナルドダックなど人気キャラクター8体が広小路に登場。車両の上のステージから愛嬌(あいきょう)を振りまき、沿道に詰め掛けた観客から歓声を浴びていた。

 同市築山小3年の畠山瑠香さん(8)は「大好きなチップとデールに会えてうれしかった」と笑顔。母の由香さん(44)は「千秋公園を背景にミッキーたちのパレードが見られるとは。感激した」と話した。

 6時からの千秋花火は、過去最多の3千発が打ち上がった。今年のテーマは「千秋公園 与次郎伝説」。飛脚に姿を変え、秋田藩初代藩主・佐竹義宣に仕えたとされるキツネ・与次郎の物語を劇に仕立てた。キツネの形をした花火や、与次郎の足の速さを表現した花火「飛遊星」などが会場を沸かせた。

(全文 718 文字 / 残り 260 文字)