古里に笑いを!「ねじ」住んでます 行事へ無料で出演中

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
来月末まで2カ月間、本県に住んで活動するお笑いコンビ「ねじ」のせじもさん(左)とササキユーキさん
来月末まで2カ月間、本県に住んで活動するお笑いコンビ「ねじ」のせじもさん(左)とササキユーキさん

 秋田県潟上市出身のお笑いコンビ「ねじ」が古里を盛り上げようと、今月から2カ月間、活動と生活の拠点を東京から本県に移す「秋田住みますプロジェクト」をスタートさせた。滞在中、県内のイベントなどに無料で出演し、11月1日には秋田市文化会館で締めくくりの単独無料ライブを開く。今月5日には潟上市の羽城中学校(舘岡江里校長、228人)を訪れ、予告なしのミニライブで全校生徒を喜ばせた。

 ねじは、せじも(本名・瀬下翔太)さん(34)と、ササキユーキ(本名・佐々木勇輝)さん(35)のコンビ。人気アニメのワンシーンを秋田弁で再現するネタが人気を集めている。

 羽城中はササキさん(2000年春卒業)の母校。5日は全校生徒が集まった視聴覚ホールにねじの2人が現れ、ステージ上で約20分のミニライブを披露した。アニメ「ワンピース」「アルプスの少女ハイジ」「君の名は。」などのワンシーンを、まくし立てるような早口の秋田弁で演じてみせ、会場を大いに沸かせた。

(全文 1107 文字 / 残り 689 文字)

「ねじ」秋田生活14日目の表情

毎日の出来事をユーチューブで発信しています。